今季のプレミアリーグを制したレスター・シティFCのオーナーで、タイ最大の免税店キングパワーグループ会長であるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏はこのほど、タイサッカーのさらなる発展に向けた壮大な10か年計画を発表した。

これは同氏が18日のタイ凱旋セレモニーで明らかにしたもの。

同氏は、

「レスター・シティの下部組織には現在、16人のタイ人選手がいるが、今後10年は毎年10人以上のタイの育成年代を送り出す。10年後には100人以上のタイ人選手がここから巣立つことになり、タイ代表の強化にも大きく貢献することだろう」

と述べた。

なお、奇跡の初優勝を果たした「ミラクル・レスター」は19日、バンコク中心部で優勝パレードを行った。

(C)24h, ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏