クラブキャリアではあまり目立った成績を残すことができなかったバロシュ。

しかし、2008-09シーズンにはガラタサライで20得点をマークすると、見事トルコ1部シュペル・リギの得点王に輝いた。

その後はチェコ1部バニーク・オストラヴァやトルコ1部アンタルヤスポルにも在籍。そして昨年7月からはチェコ1部のムラダ・ボレスラフでプレーをしているようだ。

こちらは現在のバロシュ。

かつては長髪がトレードマークであったがすっかり髪を短くし、髭を蓄えはじめたようだ。やっぱりダンディ!

34歳になっても得点力は健在であるようで、今季は21試合に出場し6ゴールをゲットしている。

第28節では、バロシュのゴールもあり首位ヴィクトリア・プルゼニを撃破。

チームは4位でシーズンを終えカップ戦で優勝を果たしたため、来季はELの予備予選3回戦からの出場となる。ひょっとしたら、また欧州の舞台でバロシュの勇姿が見られるかも?

ちなみにこのバロシュ、EURO2004、EURO2008、EURO2012と3大会連続で本大会に出場しており、2012年大会をもってチェコ代表から引退している。


代表チームでの通算成績は93試合41得点。

出場試合数では歴代5位、得点数では歴代2位の記録である。