いよいよ本日11日に開幕する2016-17シーズンのFリーグ。今季もゼビオグループがリーグのエグゼクティブパートナーを務め、「SuperSports XEBIO Fリーグ 2016/2017」として行われる。

11日と12日は国立代々木競技場第一体育館でのセントラル開催。対戦カードは以下の通りだ。

■11日(土)

13:30~
エスポラーダ北海道 vs 名古屋オーシャンズ
17:00~
ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸
19:15~
フウガドールすみだ vs アグレミーナ浜松

■12日(日)

12:30~
ヴォスクオーレ仙台 vs バサジィ大分
15:30~
シュライカー大阪 vs バルドラール浦安
17:45~
府中アスレティックFC vs 湘南ベルマーレ

開幕節ということで、全12チームが今季使用する新ユニフォームをホームのみだがまとめてみた。ちょっと気になる各チームの名前の由来とともに今年はお届けしたい(※由来はFリーグ公式より)。

エスポラーダ北海道

Fリーグ新ユニフォーム

サプライヤー:スボルメ(Svolme)

Espolada Hokkaido

エスポラーダ(espolada)は、ポルトガル語で"北極星(estrela polar)"と"戦士(soldado)"を合わせた造語。北の空に輝く北極星の様に、強く輝く戦士という意味が込められている。

ヴォスクオーレ仙台

Fリーグ新ユニフォーム

サプライヤー:ゴル(gol.)

Voscuore Sendai

伊達政宗の時代から仙台に縁の深いイタリア語で杜(森)を表す「BOSCO」、勇気や志を表す「CUORE」、「BOSCO」の頭文字を勝利の象徴である「V」に変えて掛け合わせた造語「VOSCUORE」。「VOS」はラテン語で「あなた達の」という意味でもあり、地域に根ざすクラブを表す。

【次ページ】浦安、すみだ、府中、町田