佳境を迎えつつある、コパ・アメリカ・センテナリオ。コロンビアはペルーを撃破して、準決勝進出を決めた。

スコアレスのままPK戦に突入する拮抗した一戦で、「Man of the match」に選ばれたのはGKダビド・オスピナだった。

アーセナルに所属する27歳の守護神は、驚異的なセービングでゴールを死守し続けた。これを決められれば終わりだった、93分という時間帯にも…。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

実況も大興奮も神セーブ!

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

PK戦でも残した右足でシュートをストップするなど大活躍を見せたオスピナは、「物凄い喜びだ。僕らはファミリーさ」とその喜びを語っていた。

準決勝では、メキシコとチリとの勝者と戦うことになる。