24日、『L'Equipe』は「フランスプロリーグ連盟の懲戒委員会は、サッカーの試合に金銭を賭けた選手らに処分を言い渡した」と報じた。

今回の処分は2015年6〜12月にかけてサッカーの試合に金銭を賭けたことが判明したリーグアン(1部)、リーグドゥ(2部)の選手に対してのもの。

特に今季上位に進出したニースからはなんと6名もの選手が関係しており、来季のスタートで大きなダメージを受けることになった。

処分を受けた13選手は以下の通り。他にもコーチなど数名が処分を受けている。

5試合の出場停止(3試合の執行中断)

キャルヴィン・マンガン(シャトールー)

2試合の出場停止+1500ユーロ(およそ17万円)の罰金(1試合の執行中断)

ヴァレール・ジェルマン(ニース)

ケヴィン・ゴミス(ニース)

オリヴィ・ボスカーリ(ニース)

アレクサンドル・メンディ(ニース)

2試合の出場停止+500ユーロ(およそ6万円)の罰金(1試合の執行中断)

ピエール・ジボー(ソショー)

ヴァンサン・レカ・ブシェル(CAバスティア)

ケヴィン・デュピュイ(オルレアン)

3試合の出場停止(1試合の執行中断)

セドリック・キャラッソ(ボルドー)

ジェレミ・ピエ(ニース)

アルベール・ラフェトラニアイナ(ニース)

アントニ・ドゥロアール(CAバスティア)

トマ・トゥレ(ボルドー)