先日、現役からの引退を表明した元ノルウェー代表DFヨン・アーネ・リーセ。

その彼が新たに刻んだタトゥーが話題だ。それがこちら。

むむ、これは…。

そう、UEFAチャンピオンズリーグの優勝トロフィーであるビッグイヤーだ。2005年5月25日という数字も彫られており、これは「イスタンブールの奇跡」を起こしたあの日の日付だ。

リヴァプールファンの心に永遠に刻まれただろうあの日を、当事者であるリーセはタトゥーとして永遠に刻むことにしたようだ。