ついに世界的な名将、ジョゼップ・グアルディオラ監督を迎えたマンチェスター・シティ。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドとの対戦は新シーズンの大きな楽しみだ。

この夏すでにイルカイ・ギュンドーアン、ノリートという大きな補強も行った“新生シティ”が3日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

Manchester City 2016-17 Nike Home

シティは今年、19年ぶりにエンブレムをリニューアル。

新ユニフォームもそれに合わせたようなレトロな仕上がりで、伝統の水色を基調に袖には紺に近い色を配したデザイン。

「なんとなく見覚えが」と感じる通り、EURO2016でイングランド代表など各国が使用しているテンプレートである

ソックスだけ別カラーというのもEURO2016モデルと同じ。

ちなみに、シティは現在のクラブ名となった1894年にチームカラーとして水色を採用したが、当時のユニフォームは水色シャツ、白パンツ、紺ソックスという組み合わせだった。

今季大注目のペップ・シティ。補強の方もまだまだ楽しみだ。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら