EURO2016、激闘となったドイツ対イタリア戦。

PK戦の直前にはこんなシーンがあった。ハンガリー人のヴィクトル・カッシャイ主審とドイツのキャプテンであるバスティアン・シュヴァインシュタイガーとのやり取りだ。

どちら側でPKを行うのかを伝えられた主審が驚き、再度確認しているように見える。

というのも、シュヴァインシュタイガーが選んだのはイタリア側のゴール。つまり相手サポーターたちに目掛けて蹴ることを選択したのだ。通常は逆のはず…それだけに主審も驚いていたというわけ。

なぜ、シュヴァインシュタイガーは相手サポーターに向けて蹴ることを選択したのか…。その理由について、ドイツ紙『Süddeutsche Zeitung』が伝えている。

それには彼の個人的なジンクスが関係していたようだ。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー(ドイツ代表MF)

「過去の出来事がよぎった。以前のPK戦が」

同じくPK戦での決着となった、2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝。

当時バイエルン・ミュンヘンの5人目としてキッカーに立ったものの、ペトル・チェフが守るチェルシーのゴールにシュートを決めることはできなかった。

痛恨のポスト直撃…。この時の試合会場はバイエルンのホームであるアリアンツ・アレーナ。そして、バイエルンファンが陣取るゴールへ蹴る形であった。

実は準決勝のレアル・マドリー戦もPK決着だったバイエルン。シュヴァインシュタイガーはこの一戦では5人目のキッカーとして勝利のPKを決めている。

試合会場はサンティアゴ・ベルナベウ、そして相手マドリーファンに向けて蹴る形であった。そして、主審はなんとヴィクトル・カッシャイ!

こういう経緯があったため、「あの時、僕らはバイエルン側のサポーターに向けて蹴った。(マドリー戦では)レアルサポーター側だった」とも口にしていたという。

それだけでなく、今EUROでPK決着となったスイス対ポーランド戦についても触れていたそうだ。この時はスイスサポーターに向けて蹴る形だったが、スイスは敗れている。

この話から察するにシュヴァインシュタイガーは、相当にジンクスを気にするタイプのようだ。それでも彼自身は今回も失敗してしまったのは、なんとも皮肉である。