2015-16シーズン、開幕からの低迷でジョゼ・モウリーニョ監督の解任を余儀なくされ、結局10位に終わったチェルシー。立て直しのシーズンに向けて、EUROでイタリア代表を率いたアントニオ・コンテ監督を招聘した。

補強面ではマルセイユのベルギー代表FWミッチー・バツフアイーに続き、先日は王者レスターからフランス代表MFエンゴロ・カンテを獲得。「コンテ・チェルシー」のチーム作りが進められている。

そんな彼らが2016-17シーズンに使用する新しいアウェイユニフォームがこちら。

黒を基調にグレーのボーダー柄を採用。アクセントとしてネオンイエローを各所に配している。

背面の襟には「CHELSEA FC」の文字。ここの部分もボーダー柄だ。

胸スポンサーは2年目の横浜ゴム。なお、チェルシーとadidasは今季限りで契約を解消することが発表されている。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら