『Owngoalnigeria』は「ナイジェリア五輪代表のFWサディク・ウマルは、『NEXTカヌ』の愛称について語った」と報じた。

先日行われた日本代表戦で先発出場し、先制点を決めることに成功したサディク・ウマル。その後も長身を活かしたプレーでチームの柱となり、高い存在感を見せていた。

彼はその体格やプレースタイルからレジェンドであるヌワンコ・カヌと比較されることが多く、五輪での活躍からさらにその声は高まっている。

メディアからその質問を受けた彼は以下のように話し、そう呼ばれても冷静さは保っていると語った。

サディク・ウマル

「まず第一に言いたいのは、あの『キング』カヌと比較されるのはとても良い感覚だということだ。それが何故かというのも理解している。

ただ、僕はもう少し速いよ。だけど、いろいろな点で類似する部分があるのは見て取れるだろうね。

僕はまだ学んでいるし、今は『ジョロロ』(サディクの愛称)だ。

『新しいカヌ』と呼ばれても僕は冷静だよ。そして、なぜかも完全に理解している。カヌは信じられないようなキャリアを過ごした男だ。

彼に近づくことができれば、それは僕にとって素晴らしい栄光になるね。カヌのことはよく見ていた。

小さかったので、1996年のアトランタ五輪の金メダルは見ていないんだ。かろうじて1歳になったくらいだからね。

でも、それから彼の試合は見たよ。時に、あまりにも簡単にゴールを決めていたね」

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら