リオネル・メッシがアルゼンチン代表引退を撤回した。『ESPN』などが報じている。9月のロシアW杯予選に出場するメンバーに選ばれている。

メッシは、コパ・アメリカ・センテナリオ決勝でPKを外し、その後、自身のSNSを通じて代表引退を示唆していた。

現在、A代表113試合55得点をあげており同国代表の歴代最多得点となっている。これまで、エドガルド・バウサ監督だけでなくディエゴ・マラドーナやマウリシオ・マクリ大統領までもが引き止めを行うなど国をあげての復帰要請が行われていた。