今季バルセロナからローマへと移籍したトーマス・ヴェルマーレン。

30歳になったベルギー人DFは心機一転、新たなスタートを切るはずだったのだが…。デビュー戦となったポルトとのCLプレーオフラウンド1stレグで、まさかの出来事が待っていた。

前半28分に1枚目のイエローカードを受けた後、前半40分には裏を取られた相手FWアンドレ・シウヴァへのタックルで2枚目…。ヴェルマーレンはボールしか見ていなかったが、これは致し方ない判定だろう。

バルサでは怪我のため出場機会に恵まれなかったが、ローマでのデビュー戦でまさかの退場に。ツイてなさ過ぎる…。

なお、試合は1-1の引き分けで終了している。