『BBC』は「イングランド代表FWハリー・ケインは、スロバキア戦後にコーナーキックについて語った」と報じた。

先日行われたワールドカップ予選において、イングランド代表はスロバキアに1-0で勝利を収めることに成功した。

固い守りを見せる相手に対して苦戦したものの、最終的にはアディショナルタイムでアダム・ララーナのゴールが決まり、辛くも勝ち越している。

この試合でコーナーキックを主に担当したのはウェイン・ルーニー。ロイ・ホジソン前監督が率いていたEURO2016では、ハリー・ケインがセットプレーのキッカーになっていた。

その選択に対しては、アラン・シアラーも「なぜ彼をボックス内に入れない?」と奇妙がっており、ファンからも疑問の声が上がっていた。

スロバキア戦後のインタビューに答えたハリー・ケインは、コーナーキックについて以下のように語った。

ハリー・ケイン

(コーナーはもう蹴らない?)

「おそらくないね。それについては、アラダイス監督ともジョークを言い合って笑ったよ。ただ、あれは起こったことだからね。

僕はボックス内に入ることが出来て嬉しいし、うまく行けばゴールを奪えるだろう。話題になっているね。SNSとかでみんな笑っているよ。

もちろん、夏は失望した。しかし、それもサッカーだし、うまく行ったり行かなかったりするものだ。選手はそこから成長していく。あれも僕を助けてくれるものだ」