この夏、プレミアリーグ王者レスターに加わった新戦力アーメド・ムサ。CSKAモスクワからやってきた快足のナイジェリア人FWだ。

レスターには同じく快足のジェイミー・ヴァーディがいる。その2人の比較を『Dailymail』が行っていた。

それによれば2人のスタッツは、以下の通り。

▼ヴァーディ

平均速度:6.28km/h
トップスピード:35.1km/h
スプリント数:301
90分平均のスプリント数:54.73

▼ムサ

平均速度:6.52km/h
トップスピード:33.93km/h
スプリント数:115
90分平均のスプリント数:67.67

ムサはまだプレミアリーグで152分間しか出場しておらず、496分出場のヴァーディとはスプリント数では差が付いた。そして、トップスピードにおいてもヴァーディのほうが上回っているようだ。時速35.1キロというのは相当なスピード!

ただ、チーム同様にヴァーディにも昨季ほどの凄みはないだけに、今後ムサの出番も増えるはず。

そんな彼はヴァーディとの“タイマン”勝負を希望しているようだ。『Guardian』のインタビューでこう述べている。

アーメド・ムサ(レスターFW)

「僕らはまだ(競走に)トライしていないから、どっちが速いかは言えないね。

でもこう言える。いつの日か僕らはレースをするつもりさ」

「友達は僕のことをクリスティアーノ・ロナウドと呼ぶんだ。

僕はウィングとしてプレーしていて、彼(ロナウド)のようなスピードをほんの少し持っていると彼らは思っていたからね」