日本代表FW岡崎慎司は、日本代表での通算数が現在49。

大台の「50」まであと1ゴールと迫っており、今回の10月シリーズの代表戦での達成が期待されてる。

クラブチームならまだしも、試合数の少ない代表チームの活動の中で50ゴールをあげることができる選手は世界でもほんの一握りである。

そこで今回は、現役の代表プレーヤーの中から「50ゴール」を成し遂げた5人の選手をご紹介しよう。

ロビン・ファン・ペルシー(オランダ代表)

ファンペルシー

生年月日:1983/08/06 (33歳)
所属クラブ:フェネルバフチェ(TUR)

代表チームでの出場:101試合
代表チームでの得点:50得点
1試合あたりの得点:0.495

セカンドトップからセンターフォーワードへとポジションを移し、才能を開花させたファン・ペルシー。2013年にパトリック・クライファートが持っていたオランダ代表の最多得点記録を更新すると、ついにはゴール数を「50」の大台に乗せた。2014年ワールドカップでの活躍が記憶に新しいが、その後は代表チームの低迷とともに招集の機会も減り、昨年行われたEURO2016予選では衝撃的なオウンゴールも…。ちなみに、現時点で代表引退は発表していない模様。

【次ページ】アメリカからは意外な選手が?