ミランの復調が話題になっているセリエA。ラツィオも好調で、第10節カリアリ戦に4-1で勝利したことで5位浮上となった。

チーロ・インモービレの4戦連発ゴールもあったなか、10番フェリピ・アンデルソンの得点が話題になっている。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

スルスルとしたドリブルでボックス内の相手DFをほぼ全員抜き去りゴールを奪ってしまったのだ。

この時点ですでに3-0となっていたことから、カリアリDFの集中も切れてしまっていたが、これはお見事!今夏の五輪にも参加していた23歳のブラジル人MFにとって、これが今季初ゴールだった。

フェリピ・アンデルソン(ラツィオMF)

「今日自分がやったことがハッピーだよ。次の試合に向けて自信になったね。

大事なことは勝つことだし、ホームでチームに勝ち点3をもたらせたことが嬉しい。

もしゴールがなかったとしても嬉しかったと思うよ」