イタリア・セリエAのインテルは「フランク・デ・ブール監督との契約を終了した」と公式発表した。

今季開幕前に中国の蘇寧グループに株式を売却したインテル。ロベルト・マンチーニ元監督を電撃的に解任し、初戦を前にフランク・デ・ブール氏を招聘していた。

準備時間の短い中で戦いをスタートさせたものの、結果には繋がらず。今季も中位に沈んでおり、公式戦14試合で7敗を喫していた。

先週末のサンプドリア戦で敗れたことが経営陣に最終的な決断を下させたとも伝えられており、すでに昨日から解任の兆しを見せていた。

なお、後任については未定であるが、一時的にユースのステファノ・ヴェッキが昇格する形でトレーニングを担当する形となる。

新しい監督についてはステファノ・ピオリが有力ではないかと言われているが、まだ正式に決定したわけではない。