今週から来週にかけては代表マッチウィーク。世界各地で代表チーム同士の熱い戦いが繰り広げられる。

ピレウスではギリシャとベラルーシとの親善試合が行われたのだが、凄いゴールが決まっていた!

驚愕の弾丸フリーキックをぶち込んだのは、ベラルーシ代表DFシャルゲイ・パリツェヴィッチ。

アウトサイドで思いっ切り叩いたシュートは浮き上がるような軌道を描きネットに突き刺さっている。まるでピンポン玉のようなえぐい変化をしており、これはGKとしてもノーチャンスだったはず…。

トルコのゲンチレルビルリーでプレーするパリツェヴィッチは26歳。190cmという長身を誇るセンターバックだが、恐るべき一発を秘めた選手でもあるようだ。