プレミアリーグ第12節、ミドルズブラはホームでのチェルシー戦で0-1の惜敗を喫した。

惜しくも勝ち点を拾うことはできなかったボロだったが、GKビクトル・バルデスが魅せてくれた。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

チェルシーがゴール前でチャンスを迎え、ペドロがフリーでシュートを放った場面。勝負あったかに思われたが、バルデスが驚異的な反応で阻止!来年1月に35歳になる守護神だが、超人的な反応は健在のようだ。

ただ、ボロは今季ホームで得点も勝ち点もなかなか奪えておらず、現時点で15位となっている。

アイトール・カランカ(ミドルズブラ監督)

「イライラするね。試合前から上位のチームとやるのは分かっていた。

とはいえ、アーセナルやマンチェスター・シティ相手に見せたパフォーマンスによって我々には自信があった。そして、こういうチーム相手にやり合うことができることを再び見せることができた。

(だが)ひとつのミスで台無しになってしまった。

とはいえ、この数試合でやってきたプレーを続けていくし、もっと試合に勝てることだろう。チームは成長しているよ」