『BBC』は「ボーンマスのエディ・ハウ監督は、ストーク・シティ戦の主審だったロジャー・イーストから謝罪のメールを貰ったことを明らかにした」と報じた。

先週の土曜日にボーンマスはストーク・シティと対戦し、ネイザン・アケのゴールで1-0と勝利を収めている。

しかし、ボーンマスは前半10分過ぎにカラム・ウィルソンがライアン・ショウクロスに倒される場面があり、これはPKにならずに見過ごされていた。

これにはウィルソン自身も判定に疑問を示すツイートを行っており、メディアでも議論が行われた。

多くの論争があったものの、ボーンマスのエディ・ハウ監督は記者会見で「ロジャー・イースト主審から謝罪のメールを貰った」と明かし、全てが解決したことを明かすとともに、自身を分析していけばレフェリーも良くなると語った。

エディ・ハウ

「誰も謝罪以上のことを求められないよ。我々は皆ミスを犯す。私も監督としてそういうことを十分やってきた。

しかし、ミスを犯した時、それを認めなければならない。そうすれば前に進める」

(ロジャー・イーストは今週の主審から外されてしまった)

「そのような難しい環境で働くことは、プレッシャーが非常に厳しいことを意味する。

しかし、彼らが我々選手や監督のように自己を分析すれば、彼らはどんどん良くなっていくだろう」