ロシア1部リーグで凄い試合があった。

クラスノダール対ゼニト戦は終了5分前までスコアレスで展開。終了間際の86分にゼニトが先制し、これで勝負あったかに思われたが、なんと92分にクラスノダールが同点に追いつく。さらに、94分に…。

クラスノダールのジョージア人MFトルニケ・オクリアシュウィリが、圧巻のバイシクルシュートを突き刺してゴール!これにはベンチもホームのサポーターたちも大騒ぎ!

この劇的なゴールが決勝点となり、クラスノダールが大逆転勝利を収めている。『Soccerway』で得点経過を見てみるとこんな感じ。

超展開だったクラスノダール対ゼニト戦

完全に負け試合だったはずが、ATでの2発で逆転!クラスノダールのイーゴリ・シャリモフ監督も「こんな勝利は…奇跡だろうね」と語っていた。

クラブ史上に残りそうな熱戦を、スタンドで観ることができたサポーターは幸せだったはず。85分までノーゴールという展開に帰ってしまった人もいそうだが…。