1日、UAEのドバイでアジアサッカー連盟(AFC)の年間授賞式にあたる"AFC Annual Awards"が行われた。

今年活躍した選手や監督、チーム、協会、審判などが表彰されたのだが、個人賞では日本人選手の受賞が目立った。

■年間最優秀アジアインターナショナルプレイヤー

岡崎 慎司(レスター/ENG)

■年間最優秀ユースプレイヤー(男子)

堂安 律(ガンバ大阪/JPN)

■年間最優秀ユースプレイヤー(女子)

長野 風花(浦和レッズレディーズ/JPN)

岡崎、堂安、長野の3選手が受賞!

岡崎はレスターでプレミアリーグ優勝を、堂安はAFC U-19選手権の制覇を、長野はU-17ワールドカップで準優勝を経験しており、そうした実績が評価された形だ。

年間最優秀監督賞ではAFC U-23選手権を制した手倉森誠監督、AFC U-19選手権で優勝した内山篤監督、セレッソ大阪レディースの岡本三代ヘッドコーチ(ガールズの監督を兼任)の3名が最終候補入りしていたが、受賞はならなかった。

なお、男子の年間最優秀選手賞はアル・アインに所属するオマール・アブドゥラフマンが、年間最優秀監督賞は全北現代モータースでACLを制したチェ・ガンヒ監督が選ばれた。

それ以外では、日本サッカー協会に年間最優秀インスパイリング協会賞が送られている(3年連続)。