11日、アジアサッカー連盟は「AFC年間アワード2016の候補者が発表された」と伝えた。

そのリストは以下の通り。

AFCドリームアジア賞(社会に貢献した連盟):

日本サッカー協会

韓国サッカー協会

カタールサッカー協会

AFC年間最優秀協会賞:

・感動賞

日本サッカー協会

韓国サッカー協会

UAEサッカー協会

・開発賞

インドサッカー連盟

マレーシアサッカー協会

ベトナムサッカー連盟

・意欲賞

ブータンサッカー連盟

カンボジアサッカー連盟

スリランカサッカー連盟

草の根サッカーに対するAFC会長賞:

・感動賞

オーストラリアサッカー協会

日本サッカー協会

カタールサッカー協会

・開発賞

香港サッカー協会

フィリピンサッカー連盟

ベトナムサッカー連盟

・意欲賞

スリランカサッカー連盟

マカオサッカー協会

ブルネイサッカー協会

AFC年間最優秀監督賞(男子):

チェ・ガンヒ(韓国)

手倉森誠(日本)

内山篤(日本)

AFC年間最優秀監督賞(女子):

チャン・ユェンティン(香港)

岡本三代(日本)

リ・ウンソク(北朝鮮)

AFC年間最優秀選手賞(男子):

オーマル・アブドゥラフマン(UAE)

ハンマディ・アハマド(イラク)

ウー・レイ(中国)

AFC年間最優秀選手賞(女子):

リーザ・デ・ヴァンナ(オーストラリア)

ケイトリン・フォード(オーストラリア)

タン・ルーイン(中国)

日本からは選手のノミネートはなかったものの、前五輪代表監督の手倉森誠氏、U-19代表の内山篤氏、そしてU-17女子代表のコーチであった岡本三代氏が候補になっている。

また、香港の女子最優秀監督候補チャン・ユェンティンは、男子のトップリーグに所属する東方足球隊で監督を務めており、まだ28歳という若さ

Qolyでも紹介したが、今回はアジアの男子サッカー界に衝撃を与えた彼女が受賞する可能性が高いと言われている。