5位:オナイウ 阿道(ジェフユナイテッド千葉)
シュート18本6得点
決定率:33.33%
23試合出場

4位:池元 友樹(ギラヴァンツ北九州)
シュート17本6得点
決定率:35.29%
25試合出場

3位:北川 航也(清水エスパルス)
シュート25本9得点
決定率:36.0%
30試合出場

2位:金子 翔太(清水エスパルス)
シュート10本4得点
決定率:40.0%
22試合出場

1位:中村 祐也(FC町田ゼルビア)
シュート25本11得点
決定率:44.0%
19試合出場

シュート10本、3得点以上をマークした選手の中で最も決定率が高かったのは町田FW中村祐也!44.0%の决定率はリーグNo.1で、11ゴールをあげながらこの数字は立派だ。

2位と3位には清水エスパルスで今季ブレイクを果たした金子翔太と北川航也の2人がランクインしている。