『eastlothiancourier』は、「リヴィングストンのスコットランドU-17代表FWマシュー・ノックスは、マンチェスター・ユナイテッドでの3度目のトライアルに臨む」と報じた。

マシュー・ノックスは1999年生まれの17歳。リヴィングストンの下部組織で育成され、昨年のボクシング・デーでプロデビューを果たした「神童」である。

これはリヴィングストンの歴史上最年少のデビューであり、4月にはレンジャーズ戦でスタメン出場も果たす。

彼は今年1月、8月にもマンチェスター・ユナイテッドでトライアルを受けており、さらに3度目の練習参加に招待されたようだ。日程は一週間の予定である。

先週リヴィングストンと新たに2年半の契約を結んだばかりであるが、他にもレンジャーズなど多くのクラブに関心を寄せられているという。

これまでもトッテナム・ホットスパーやリヴァプール、エヴァートンでも練習参加を行っていた経験があり、今回は再びプレミアリーグのクラブで才能を試すことになる。