この週末に大寒波が押し寄せるといわれる日本列島。

センター試験が行われることから混乱も予想されるが、そんななか唯一温暖な気候を保っているのが沖縄県だ。

気象庁の発表によれば、13日(金)の最高気温は18度。そうした気候から新シーズンに向けたトレーニング地としても人気なのだが、キャンプをスタートさせているのが中国1部の上海申花だ。

こちらはフレディ・グアリンがInstagramに投稿したもの。

快速FWオバフェミ・マーティンスとの2ショットであり、かつてインテルでプレーした2人が沖縄にいるのはなんだか胸熱である!

上海申花が滞在しているのは、国頭郡にある本部町。沖縄美ら海水族館がある場所で、人口1万人ほどの小さな町だ。

上海申花にはカルロス・テベスの加入が決定しており、沖縄合宿から参加するという情報もある。

これだけのスター選手が集まる機会はなかなかない。サッカーファンは沖縄へGO!