ミランFWがアーセナルのターゲットになっているようだ。『corriere dello sport』が『Mundo Deportivo』からの情報として伝えている。

それによれば、狙われているのは22歳のフランス人FWエンバイ・ニアングだという。

ただ、アーセナルはこの冬ではなく夏の移籍マーケットでの獲得を目論んでいるとのこと。アーセン・ヴェンゲル監督は、前線の強化のために同胞であるフランス人FWの獲得を望んでいるそうだ。そのためなら何でもするつもり、つまりは全力を尽くす腹積もりだというが…。

セネガルにルーツを持つニアングは、スピードとテクニックを備えたアタッカーで前線ならどこでもプレー可能。ミランとの契約は2019年まであるが…。