マンチェスター・シティで、監督とコーチという間柄にあるジョゼップ・グアルディオラとミケル・アルテタ。

28日に行われたFAカップのクリスタル・パレス戦翌日、フランスで目撃された(映像は「Youtubeで見る」からご覧ください。00:15から)。

シティの首脳たちが訪れたのはパリにあるパルク・デ・プランス。

この日はPSG対モナコの試合が行われており、グアルディオラ監督は観戦に訪れたというわけだ。

シティはUEFAチャンピオンズリーグの決勝ラウンド1回戦でモナコと対戦するため、英国『Mail Online』はそのゲームに向けた視察であったと報じている。

しかし、シティはモナコの新星FWキリアン・エンバッペ・ロタンに興味を抱いているとも言われており、そのスカウティングであった可能性も…?

画面中央に写るのは、モナコ公国の大公であるアルベール2世(左)とモナコの会長兼オーナーであるドミトリー・リボロフレフ(右)。そんなVIPの目の前に座って堂々とスカティングをするとは…。

なお、観客席には他にリリアン・テュラムの姿もあり(上の写真の下部に写っている)、試合前にはPSGのレジェンドであるロナウジーニョの功績を讃えるセレモニーが行われた。