先週末に行われたエールディビジの上位対決、フェイエノールト対PSV戦。

試合は首位フェイエノールトが3位PSVを2-1で下したのだが、この日の決勝ゴールが話題となっている。

その映像を見てみよう。

Wil je kans maken op €50,- parkeertegoed van Parkmobile en een Eredivisie-bal? Stem dan nu op het Moment van de Week!...
FOX Sports NLさんの投稿 2017年2月26日

場面は1-1で迎えた82分、フェイエノールトがコーナーキックからゴールを狙うというシーンだ。

ニアサイドに飛んだボールをMFニコライ・ヨルゲンセンがフリックし、DFヤン=アリー・ファン・デル・ハイデンがヘディング。しかし威力はなく、正面に飛んだことから相手GKイェルーン・ズートは難なくこれをキャッチするのだが…これがゴールイン!

なんとズートが一度弾いてボールを胸に寄せた際、ボールがゴールラインを割ったというわけだ。

ゴールラインテクノロジーが導入されているデ・カイプ。

CG映像で見ると、これくらいの際どさであったようだ。もはや人の目で判断するのは無理!

ゴールの判断を下した直後、バス・ナイハウス主審は駆け寄るPSV選手に腕時計を見せ、得点であることを証明していた模様(ゴールラインテクノロジーではボールがゴールを割った際、主審の腕時計に信号が伝わる)。

ゴールラインテクノロジーでゴールの判断が下されるのは珍しいことではなくなったが、こうしたGKのミスでラインを割るのは非常に珍しいと言える。

なお、エールディビジの公式サイトはズートのオウンゴールではなく、ファン・デル・ハイデンのゴールと記している。