『FCInternews』は30日、「中国の上海申花に所属しているコロンビア代表MFフレディ・グアリンは、インテルに戻りたいと話した」と報じた。

昨年1月にインテルを退団して上海申花へと移籍したグアリン。中国超級リーグで中心選手としてプレーし、新しい経験を積んでいる。

彼は今回『Radio Caracol』に出演して以下のように話し、インテルに戻ることができれば素晴らしいと語った。

フレディ・グアリン

「僕はいつも言ってきた。インテルは自分が愛するクラブであると。

彼らは僕を息子のように扱ってくれた。戻ることができればとても素晴らしいものになるだろう。

中国はとても良い経験になった。ここにいる選手やコーチは成長している。次のシーズンはもっと良くなるだろう。

僕は、中国に来たことに全く後悔はない。ここでの生活を楽しんでいると言えるよ。多くの選手が中国での経験について聞いてくるからね。

僕の契約は来年で満了になる。その後我々は決断を下すよ」