『FourFourTwo』は8日、「バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督は、自分のサッカーに集中しろと話した」と報じた。

土曜日に行われたブンデスリーガではボルシア・ドルトムントを相手に4−1と爆勝したバイエルン。

しかし水曜日にはチャンピオンズリーグでレアル・マドリーと戦わなければならず、過密日程が続いている。

その戦いに向けてアンチェロッティ監督は以下のように話し、敵のことを気にし過ぎると眠れなくなるぞと警告した。

カルロ・アンチェロッティ

「レアル・マドリーとの試合については、自分たちのプレーや強さ、そして戦略に集中しなければならないよ。

彼らについてあまりにも多くのことを考えてしまうと、おそらく眠れないだろうからね。

我々は、明日ちゃんと寝なければならないよ」

(怪我をしたレヴァンドフスキについては?)

「レヴィは怪我をしているが、メディカルは水曜日の試合については問題ないと言っているよ」