『Reuters』は16日、「中国サッカー協会は、広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョにスポンサーとの契約解除を求めている」と報じた。

先日大きな話題になったパウリーニョのスポンサー問題。

彼はフィリピンに本拠地を置いているオンラインギャンブル企業『Letou』と契約を結び、広告に出演してきた。

同社の大使を務めている日本のAV女優葵つかさともプロモーションで共演しており、それらが中国国内の法律に抵触する形になったのである。

賭博、ならびにポルノについては中国の法律で厳格に禁止されているため、これらはサッカーのパブリックイメージを損なうものだとされた。

なお、調査の結果これらの契約については広州恒大は関与しておらず、パウリーニョが独自で決定し、クラブ側に報告もしていなかったことが分かったという。

中国サッカー協会、ならびに広州恒大はパウリーニョに対して国内の法律を順守するように通告し、契約を解除するよう求めたとのことだ。