筆者名:能登正人(のとまさひと)

「海外で底辺から頂点へ。 世界中を股に掛ける、“さすらいフットボーラー”」 セレッソ大阪の下部組織出身で、高校卒業後は、スペイン、ドイツ、タイの数クラブに所属し、2015年にはジェフユナイテッド千葉・市原でJリーグを経験。 2016年にはラオスのラネサン・ユナイテッドに移籍してシーズン優勝を飾った。今季からはインドネシアに活躍の場を移し、ペルシバ・バリクパパンでプレーする。当コラムでは、生活の様子やインドネシアのサッカー事情、文化面などを“ゆるーく”配信。


ツイッター: @MasahitoNoto
Instagram:masahitonoto
ブログ: MASAHITO NOTO OFICCIAL BLOG

久々の更新ですかね?

というのも、インドネシアリーグが開幕してからチームは三連敗。

僕自身も、守備気味のMFで起用されていたこともあり、なかなか攻撃に絡めずにもどかしい時間を過ごしていて、「書くにも書けない」感じでした。コンディションは良いので、そろそろゴールやアシストを決めていきたいところなんですが……。

なお、その三連敗後に監督は更迭され、来週から新しい監督が来ることになりました。また環境が変わりますが、自分のやるべきことをコツコツやる他ないですね。

まぁ、監督がコロコロ変わることは海外ではよくあること。これもまた、このコラムでもお馴染みになりつつあるフレーズ、"海外あるある"の一つです。「ダメだと思ったらすぐに切る」。本当に明日は我が身。

「日本だったら、ドイツだったら」なんて不平不満を口にするような外国人選手は、どこのリーグにもいるものですが、他国でプレーしていると自国ではであり得ないことも当たり前のように度々起こります。

「全てを受け入れてやるべきことに集中する」。

これが出来てこそ、初めて外国人選手として生き残れる世界なのかもしれません。

そして、これは僕自身の考えですが、そもそも「比べる」ということ自体がナンセンス。

とにもかくにも、「周りをリスペクトしつつ自分の仕事をすること」が大切だと思っています。

そしてきっと、これは、どの分野や世界でも共通することなんだろうな……と思いながら、また明日もボールを蹴ります!

と締めくくったところですが、ちょっとした告知を最後に。

近日、このコラムにて皆さんからのご質問に能登正人が答える企画を実施します。「答えられない質問はない」という心構えで挑むので、どしどしお寄せください。

サッカーのこと、サッカー以外のこと、何でも待ってます!

なお、質問の方法は、またQolyさんが告知するようなのでそちらをご参考に~。