筆者名:能登正人

「海外で底辺から頂点へ。 世界中を股に掛ける、“さすらいフットボーラー”」 セレッソ大阪の下部組織出身で、高校卒業後は、スペイン、ドイツ、タイの数クラブでプレーし、2015年にはジェフユナイテッド千葉・市原でJリーグを経験。 2016年にはラオスのラネサン・ユナイテッドに移籍してシーズン優勝を飾った。今季からはインドネシアに活躍の場を移し、ペルシバ・バリクパパンでプレー。当コラムでは、生活の様子やインドネシアのサッカー事情、文化面などを“ゆるーく”配信。


ツイッター: @MasahitoNoto
ブログ: オフィシャルブログ

前回のコラムで、「次回はデビュー戦!」と予告していたことを覚えていますか?

まずはそのデビュー戦についてのお話ですが、先発から出場し、77分までプレーしました。ゴールやアシストは出来ませんでしたが、グループリーグの初戦を勝てたのは大きかったかなと思います。正直、コンディションもまだまだで、これからコツコツと積み重ねていくしかない状況なので、しっかりと次に備えていきます。

さて、「短すぎっ!」と突っ込まれそうですが、試合の話はここまで。今回のコラムでは、インドネシアで戦う日本人選手の紹介します。

まず、現在、インネドシアのクラブチームには、僕と松永祥兵さんの二人の日本人選手が所属しています。もう一人、松本憲さんがいますが、こちらはカップ戦が終わり次第の契約予定。なので、これから開幕までに新たに日本人選手が加入してくる可能性はありますが、僕の知る範囲では、「今年は3人がインドネシアのリーグ戦を戦う」ということになります。

ちなみに、その日本人トリオが、な、なんと!カップ戦で同じグループリーグにいるという奇跡的な状況が発生中でして、3週間も同じ場所にいることに(笑)こんな奇跡的なことあるんですね(笑)

ということで、僕と奇跡的な繋がりを起こしている、お二人を掘り下げてみます。まず始めは、松永祥兵さんから。

この方は、国士舘大を中退後、シャルケのセカンドチームに入り、そのあとインドネシアで6シーズンプレーしている選手で、言わば、“インドネシアのパイオニア的存在”です。

僕が移籍する際、「インドネシアのクラブチームが日本人の中盤を探している」という情報が僕の知り合いに届いていたのですが、その情報源もこの方でした。なので、「祥兵さんの存在なくして、僕の移籍もなし」といっても言い過ぎではないはず。本当に感謝しています。こっちで困ったことがあると、電話して質問させてもらっていて、今もなお、色々と助けてもらっています。

あ、後、実は、めちゃ美人で料理も上手くてしっかり者の奥さんがいらっしゃって、会う度に「僕もこんな奥さんを見つけないとな・・・」と、ここでも影響を受けています(笑)

続いては松本憲さん。憲さんは、僕も1年間お世話になったジェフ千葉からシンガポール、ミャンマーへと移り4年プレーした選手。ジェフにいたタイミングは全然違うけど、同じクラブにいたってことで、一緒にいるとめちゃ面倒見てもらっていて、分かりやすく言うと、「頼りになる先輩」って感じです。

プレースタイルを補足しておくと、足元も上手いんですが、とにかく足が速い!北京オリンピックの男子リレー銀メダリスト、末續慎吾選手が親戚にいらっしゃるようで、それも納得の速さです!!

そんなお二人と奇跡的な繋がりが生まれている僕ですが、実は、カップ戦の期間中、まさかの「三人とも泊まってるホテルが同じ」という、更なる奇跡が発生中だったりします(笑)グループリーグが同じだけでもすごいのに、さらに、ホテルまで一緒って・・・もう本当にビックリしすぎて笑うしかない(笑)

と、こんな先輩方とインドネシアサッカーを盛り上げて行けたら楽しいですね。僕らが活躍することで、海外での日本人選手の価値をより高めることにも必ず繋がるので、頑張りますよ!

しかし、次のコラムは何を書こうかな~。正直、全くの未定です・・・。ま、そんな感じで!良い意味で適当にいきます!

「奇跡と繋がりの連続」 正人