35歳になったダビド・ビジャだが、今季もさすがの得点力を見せつけている。

このほど行われたオーランド・シティ戦でも、PKを含めて2ゴールの活躍。特に、2得点目は巧みだった。

ヒールを使ってマクシ・モラレスにパスを出すとワンツー!裏に抜け出し、GKを鮮やかにかわしてゴールを陥れた。

結局、ニューヨーク・シティFCは3-0で勝利し、ビジャは今季11試合で8ゴールに。

試合後、パトリック・ヴィエラ監督はビジャらに触れつつ、「(貢献した選手として)全員の名前を挙げることができるよ。ここに来てこういうパフォーマンスをやるためには、選手がベストである必要があった」などと述べていた。