35歳になった元スペイン代表FWダビド・ビジャ。

今季もMLSニューヨーク・シティFCでプレーしており、ここまで7試合で5得点。ここにきて3試合連続ゴールと調子を上げてきているようだ。

ヤンキー・スタジアムで行われた直近のオーランド・シティ戦でも見事な一撃を叩き込んでいる。

角度のないところから巧みなボレー!

シュートを打つ前にGKの位置を確認した後はボールしか見ていない。にもかかわらず、GKを出し抜く見事なコースを打ち抜いており、その得点感覚は錆びついていないようだ。

ただビジャの追撃弾もむなしく、チームは1-2で敗戦。試合後、パトリック・ヴィエラ監督は「勝つには十分なチャンスは作った。少なくとも引き分けにはなるだけのね」とこぼしていた。