MLSニューヨーク・シティFCでの3シーズン目を迎えた元スペイン代表FWダビド・ビジャ。

このほど行われたフィラデルフィア・ユニオン戦で、驚愕のゴールを決めた。

試合終了間際の90分、ハーフライン付近でボールを奪うとそのまま超ロングシュート!これがまさかのゴールに!

50メートル近い超ロングシュートを決めたビジャは、このドヤ顔。

チームも2-0で勝利し、ビジャはこれで今季6試合で4ゴールとさすがの活躍を見せている。試合後こう述べていた。

ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)

「難しかった。走ってちょっと疲れていたので、あれ(ロングシュート)にトライしてみたら入ったんだ」