『Score Nigeria』は22日、「オイペンに所属しているFWヘンリー・オニェクルは、アーセナルと交渉を行っている」と報じた。

ヘンリー・チュクウェメカ・オニェクルは1997年生まれの19歳。セネガルに設置されたカタール資本のアスパイア・アカデミーで育成され、2015年にベルギーへと移籍したストライカーである。

昨季はレギュラーではなかったが昇格に貢献し、今季はスタメンの座を奪取。38試合に出場し、23ゴールを決める活躍を見せた。

ベルギーリーグ屈指のストライカーとして名を上げた他、「Henry」という名前とプレースタイル、「アーセナルのファン」と公言していることから「新しいアンリ」とも呼ばれている。

彼に近い関係者は以下のように話し、アーセナルとの会談が行われていることを示唆したという。

関係者

「アーセナルは、ヘンリー・オニェクルについてオイペンと話し合っている。

ヘンリーにとってアーセナルは子供の頃からプレーしたいと夢見ていたクラブである。

オイペンとは契約が残っているため、交渉が行われている最中である」

なお、代理人はそれらについて『Owngoalnigeria』に対して以下のように話し、特に否定はしなかったものの、他のクラブとも並行して接触していると明かした。

代理人

「ヨーロッパ各地の多くのクラブがヘンリーと契約したいと思っている。我々はそれらと話し合っている。彼のキャリアにおいて正しい選択をするためにね。

我々はそれらの名前については明かせない。しかし、何チームかと話し合っているよ。ヘンリーはもう少し考える時間が必要だ。ベルギーリーグは終わったからね」

ちなみに彼に関心を持っていると言われるのはウェストハム、WBA、エヴァートン、サウサンプトン、ニューカッスルなどであると言われる。

【厳選Qoly】三浦颯太が最新!川崎フロンターレ、全員日本代表の“裏番”「背番号13の系譜」

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら