『SportItalia』は26日、「ACミランは、ユヴェントスからスカウトのステファノ・ルクソロを引き抜いた」と報じた。

ステファノ・ルクソロは、かつてカザーレでプレーした下部リーグの選手であったが、現役引退後にスカウトとして頭角を現した。

トリノ、ボローニャ、サンプドリアで働いた後、2010年からユヴェントスの海外スカウトとして多くの補強に関わってきた。

ユヴェントスのSDを務めるファビオ・パラティーチの片腕として、世界中のタレントを観察する役割を果たしてきたとのこと。

そして、彼の能力に目をつけたのがミラン。

中国資本になったクラブはスカウティング部門の改革を考えており、そのためにルクソロを強化部門のチーフとして引き抜いたという。

既にルクソロはミランへの加入を決め、スポーツディレクターのマッシモ・ミラベリと緊密に連携しているようだ。

7月から彼はチーフスカウトとしてミランの補強に深く関わっていくことになるとのことだ。