『Alfredo Pedulla』は23日、「元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏は、ユヴェントスを応援すると明かした」と報じた。

6月3日に行われるチャンピオンズリーグ決勝。ユヴェントスとレアル・マドリーが対戦し、欧州の頂点を争う。

2010年にインテルが勝利して以来、イタリアのチームはビッグイヤーを獲得することができていない。ユヴェントスが勝てば7年ぶりの戴冠となる。

ジェンナーロ・ガットゥーゾは『Sky』の取材に対して以下のように話し、イタリア人としてユヴェントスを応援すると明かした。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

(ACミランについて)

「今、ミランのファンが大きな補強を期待しており、彼らがそれに応えるための時間がやってきたと思う。

会社が移譲された後、それに対しての答えがピッチ上で見ることになる。それは明白な事実だ。

ミランは決して忘れることができない、そして大切な歴史を持っているんだからね」

(ユヴェントスとレアル・マドリーのCL決勝について)

「オレはイタリア人だ。全面的にユヴェントスを支持する。

我々はヨーロッパのトップレベルに戻る必要があるんだ。そして、イタリアのチームがチャンピオンズリーグを再び勝ち取れることを願っている。

2~3年前には考えられなかったことだよ。しかし今はユヴェントスがそこにいる。新しいスタジアム、新しい執行委員会、そして素晴らしいメンバーを構築した。

彼らはイタリアのチームのようではなかった。そして、それは我々のサッカーにとって素晴らしいものだった」