各地で導入に向けたテストが行われているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度。

先日韓国で行われたU-20ワールドカップで採用され、今週末からロシアで開催されるコンフェデレーションズカップ2017でもテストされる。

このほど、そんなコンフェデレーションズカップ2017に向けたVARおよびゴールラインテクノロジーに関するFIFAのメディアブリーフィングが行われた(「YouTubeで見る」からご覧ください)。

このブリーフィングにはFIFAのチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるマルコ・ファン・バステン、FIFA審判委員長のマッシモ・ブサッカらが出席。

このなかで、U-20ワールドカップでテストしたVARに関するあるデータが明かされたという。

『Sky Sports』のブライアン・スワンソン記者によれば、全52試合の中でVARによって12の判定が変わり、うち7つが試合の結果を左右したのだそうだ。

52試合で12度ということは、およそ5試合に1つはVARによってジャッジが変わったということである。

VARの判定が必ずしも正しいとは限らないが、ビデオを用い複数人が協議しているという点で客観性は高まる。VARの導入によって、ミスジャッジは減っていくのだろうか?

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら