『ABC』は23日、「インテルの技術コーディネーターを努めているヴァルテル・サバティーニ氏は、バネガを安く出すことはないと話した」と報じた。

かつてウナイ・エメリ監督政権下のセビージャに所属し、ヨーロッパリーグで2度の優勝を経験したエベル・バネガ。

今季はインテルへの移籍を決断し、イタリアで28試合に出場したものの、高い評価を得ることは出来ず。クラブは7位と低迷し、1月には中国移籍の噂もあった。

その状況を見て、古巣であるセビージャは彼を買い戻すことを検討しており、すでにその交渉に入っていると言われていた。

今回ヴァルテル・サバティーニ氏はその交渉を認めると共に、セビージャの提示額は安すぎると語ったとのこと。

ヴァルテル・サバティーニ

「セビージャと話し合っているのは事実である。インテルと彼らとの間には公式に接触がある。

我々は合意を目指して話し合っているが、辛抱強くやらなければならない。今は確定したものは何もない状況だ。

900万ユーロ(およそ11.1億円)?それは我々にとっては少なすぎる数字だ」