日本代表は先日、来年にロシアで開催されるワールドカップへの出場を決めた。

1998年の初出場からこれで6大会連続。大会フォーマットは今回も基本的に同じであり、グループステージでは3つの個性豊かなチームと戦うことになる。

個性豊かといえば、チームをある意味象徴する“色”もサッカーにおいて重要だ。日本代表といえば青!というように各国もそれぞれチームカラーを持っている。

そしてその色は、ファンにとってチームとの繋がりを表す重要な要素。サポートする気持ちが普段身に着けるアイテムの色につい表れてしまうことも多いはず。靴はその一つだろう。

そこで今回、シンプルなデザインが印象的な『Hummel』をスニーカーで、サッカーチームらしい色合いのものがどのくらいあるか調べてみた。

1923年に創業した『Hummel』は、世界でもっとも歴史のあるスポーツブランドの一つ。まだ選手たちが革靴でサッカーをしていた時代、ドイツの靴職人が作ったスタッドの付いたシューズがその始まりだ。

Hummel SLIMMER STADIL LOW CANNVAS

サッカーと密接にかかわってきた彼らの歴史が、それぞれのシューズに込められている。

それではさっそく見ていこう!

SLIMMER STADIL LOW CANNVAS

Hummel SLIMMER STADIL LOW CANNVAS

まずは大人気「スタディールキャンバス」の定番ローカットモデルから。

赤・白・青のトリコロールはご存知フランスに加え、汎スラブ色として俗にいう東欧でよく見かけるカラーだ。日本でも首都圏のクラブにこんな色合いが多い。

フランス代表
Hummel SLIMMER STADIL LOW CANNVAS

価格は6,480円(税込)とリーズナブル。ちなみに、両サイドの「>>」は『Hummel』のモチーフでシェブロンラインと呼ばれているぞ。

《詳細はこちら》

【次ページ】現代風にアップデートした「ディアマント」