アメリカ女子代表と韓国女子代表の親善試合が、ニューオーリンズのメルセデス・ベンツ・スーパードームで行われた。

試合はFIFAランキング1位のアメリカが3-1で勝利。そのなかで、韓国女子が一矢を報いたゴールがこれ。

MFハン・チェリンがボックス外から強烈なミドル!21歳の彼女はこの日が代表デビュー戦だったのだが、いきなりスーパーなゴールを決めてみせた。

アメリカ代表の公式HPでも「デビュー戦のハン・チェリンが23ヤード(21メートル)のファンタスティックな一撃を叩き込んだ」と称賛していた。

威徳大学に所属するハン・チェリンは代表監督曰く「秘密兵器」だそう。「スピードがあり、左足が強烈。クロスとシュート能力もとてもいい」と評価されているとのこと。

なお、両チームは3日後にもノースカロライナ州で親善試合を行う予定。韓国女子はアメリカ女子相手に2分8敗とまだ勝利がないそう。