『Joy Online』は25日、「ガーナ代表FWアサモア・ギャンは、政府から航空会社の設立を許可された」と報じた。

現在トルコのカイセリスポルでプレーしているギャン。以前はUAEや中国でかなり高額の給与を受け取っていたと言われる。

そして今回彼は母国ガーナで「ベイビージェット航空」という会社を設立することを計画しており、政府から路線開設の許可を得たとのこと。

ナナ・アクフォ=アッド大統領は、ガーナで行われたアフリカエアショーで以下のように話し、ギャンが航空ビジネスをスタートしていることを明らかにした。

ナナ・アクフォ=アッド大統領

「代表チームのキャプテンであるアサモア・ギャンが、航空会社設立の免許を取得した。そのように私は通知されている。

彼は明らかに航空ビジネスを行うために無我夢中で働いている。それはベイビージェット航空と呼ばれている。

国内外のガーナ人に連絡したい。急速に成長している航空業界に投資してもらいたい」

なおベイビージェット航空はまず貨物輸送サービスをスタートさせ、その後貨客サービスに進出する予定であるという。