『Ghanasoccernet』は28日、「元ブルキナファソ代表GKのアブドゥライ・スラマが死去した」と報じた。

アブドゥライ・スラマは1979年生まれの37歳。18歳からブルキナファソ代表に招集されるなど、同国最高のGKとして名を馳せた。

アフリカネイションズカップには5大会に渡って出場し、2013年には準優勝にも貢献している。

またアフリカのリーグでも長く活躍し、2007年からはガーナの名門アサンテ・コトコ、ハーツ・オブ・オークでプレーしていた。

その際に監督として彼を指導していた八橋健一氏も、教え子の突然の死を悼んでいる。

記事によれば、スラマは今年ハーツ・オブ・オークを退団した後故郷のボボ・ディウラッソに戻って闘病生活を送っていたという。

彼は2013年のアフリカネイションズカップ中に姉妹の一人を亡くし、今年4月にも兄弟が事故で他界していたとのことだ。