CLのグループステージ第4節で、ホームにAPOELを迎えたドルトムント。

必勝をかけて臨んだこの一戦は、先日、日本代表の招集メンバーから落選した香川真司のアシストで先制に成功したが、後半に追い付かれ、1-1の引き分けに終わった。

これで4試合2分2敗となり、グループ突破は絶望的な状況に。試合後、取材に応じたマリオ・ゲッツェとクリスティアン・プリシッチは、この結果に失望の気持ちを隠せなかった。

がっくり…ゲッツェ&プリシッチが試合後に語った模様は以下の動画から。

ドルトムントは21日にトッテナム、来月6日の最終節でレアル・マドリーと対戦する。