プレミアリーグでアーセナルを下したマンチェスター・シティ。

その勢いはとどまることを知らず、ここまでの公式戦で17戦16勝と圧倒的な成績を残している(PK戦での勝利を含む)。

そんなシティのプレーメーカーが、今季も好パフォーマンスを継続しているケヴィン・デ・ブライネだ。

「監督の下でプレーするのがとても楽しいからシティで長く戦いたい」と話しており、記者会見ではグアルディオラに対してそのことについての質問が飛んだ。

そうした声が指導者としてどれほどの喜びであるかを聞かれたグアルディオラは、「the most(最高の)」という最上級を用い考えを述べた。

シティの監督に就任する前、アメリカで英語の勉強をしていたというグアルディオラ。

今や聞き取りも全く不自由がないようで、流暢な英語を扱っている。