現地時間15日夜、ワールドカップ予選大陸間プレーオフのペルー対ニュージーランドが行われた。

その結果、勝利を収めたペルーが本大会出場を決め、ロシアで戦う32か国の顔ぶれ、そしてポット分けがすべて決定した。

日本はポット4に入ることが確定しており、対戦相手はポット1、ポット2、ポット3から1チームずつになる。

では、日本にとって最も相性のいいグループ、そして最悪のグループとはどこなのか?

それをこれまでの対戦成績からデータとして算出してみた。もちろん、何十年も前の試合も含まれているので参考として…。

ポット1

ロシア:2勝

ドイツ:2分け3敗

ブラジル:2分け10敗

ポルトガル:対戦なし

アルゼンチン:1勝8敗

ベルギー:2勝2分け1敗

ポーランド:2勝4敗

フランス:2勝1分け4敗
ポット2

スペイン:1敗

ペルー:1勝2分け2敗

スイス:1勝1敗

イングランド:1分け2敗

コロンビア:1分け2敗

メキシコ:1勝4敗

ウルグアイ:1勝1分け4敗

クロアチア:1勝1分け1敗
ポット3:

デンマーク:1勝2敗

アイスランド:3勝1敗

コスタリカ:3勝1分け

スウェーデン:2分け4敗

チュニジア:4勝

エジプト:2勝2分け

セネガル:1分け2敗

イラン:(アジア地域のため同グループの可能性なし)

ロシア+スイスorクロアチア+チュニジア+日本という組み合わせが日本にとって最も相性がいいものとなる。

逆に最悪のグループはブラジル+スペイン+スウェーデンorセネガル+日本という組み合わせ。この場合、歴史上一度も勝ったことのない相手ばかりとなる。