『Bolasport』は20日、「インドネシア1部リーグのバリ・ユナイテッドは、元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトを獲得する」と報じた。

アヤックスの下部組織で育成され、ウェスリー・スナイデルやズラタン・イブラヒモヴィッチらとともに大きな話題を集めたファン・デル・ファールト。

ハンブルガーSV、レアル・マドリー、トッテナム、レアル・ベティスを経て2016年にデンマークリーグのミッテュランに移籍している。

しかし、怪我を抱えているため今季のデンマークリーグではまだ1試合も出場機会がなく、リザーブで2回プレーしただけとなっている。

そんな彼に現在、インドネシアで力を強めているバリ・ユナイテッドが獲得オファーを送っているという。

バリ・ユナイテッドはオランダ出身のステファノ・リリパリらが所属しており、旧宗主国と関係が深いチーム。

記事によれば、バリ・ユナイテッドの経営陣はファン・デル・ファールトの名前こそ言及しなかったものの、2006年ワールドカップとEURO2008に出場した選手を受け入れようとしていることを認めたとのこと。

このところ元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンなど多くの有力選手を引き入れてきたインドネシア。ファン・デル・ファールトを獲得できれば、さらなる盛り上がりを期待できそうだ。